夏ばてと睡眠の工夫

夏ばてと睡眠の工夫

夏ばて予防としては、栄養バランスの取れた食事をし、水分をこまめに補給するというのが有名です。
これ以外に、睡眠も対策として重要な位置付けになることは、世間に認知されていないかもしれません。

 

人というのは、その日の疲れを睡眠によって和らげています。
つまり、夏ばてを引き起こしている際に、良質な睡眠をとれていないようでは、ますます体調を崩してしまうことになりかねません。
冷房は体にとってよくないもののように捉えられてしまいがちですが、蒸し暑い部屋では良質な睡眠は得られません。

 

心地よく眠るためにも、賢く冷房を取り入れると良いでしょう。
ただし、極端に冷やすと体に悪いですから、大体28度に設定しておきましょう。
また、朝までエアコンを利用し続けるのではなく、睡眠に入る時点でちょうどオフになるようにタイマー設定を使うといいですね。
身体の熱が失われると、体温の低下を防ぐために無駄な体力を使ってしまいます。
その結果、睡眠時間は長くても、体が疲労したままという問題が起きてしまいます。
これに関しては扇風機も違わず、大体1時間を目安にタイマー設定をして眠るようにしてください。

 

ホームセンターやスーパーなどで探すと、快眠に有効なグッズを購入できますので、賢く使っていくのもおすすめです。
睡眠は、夏ばてを回復するのに必要不可欠なことだと言えます。
良質な睡眠を得るために、お風呂でリラックスするようにしておくのもおすすめです。
少しぬるいお湯に十分に浸かることで心身ともにくつろぐことができます。
夏ばての雰囲気があれば、良質な睡眠をとれているか振り返ってみましょう。