夏ばてと水分補給

夏ばてと水分補給

夏ばてを予防する方法として、とても大事なことの1つに、水分の補給を挙げることができます。
日常的に注意して水を飲む癖を付けている人もいるかもしれませんが、気にしていない人も高温になる夏季は水分を多く補給するようにしましょう。

 

円滑な体温調節が出来ていないと、夏ばてを引き起こすリスクが高まります。
加えて、体温調節は、汗を放出しないと成功しません。
汗の成分は水ですから、発汗するには水分は必須ということになります。
なお、多量の汗をかいた場合には、その分の水分が体の中から失われたということになるため、十分に補給しましょう。

 

ただ、水分を補うタイミングでも注意しなくてはいけない点があります。
それは、冷えたドリンクを摂取しないということです。
暑さを軽減したいと感じると氷入りの冷たいものを飲みたいと思いがちです。
しかし、冷えたものは胃腸に障害をもたらします。
夏ばてを引き起こすと、消化の働きも弱まってしまいますが、冷えた飲み物はさらに負担を大きくしてしまうのでくれぐれも気をつけましょう。

 

ただ、ぬるさを感じる飲み物は飲みたくないものです。
そういった際は、少し冷えたドリンクを少しずつゆっくり体内に入れていくことをおすすめします。
おすすめする飲み物は、基本は水か緑茶、麦茶などにしましょう。

 

甘味料が込められているジュースは、甘味により喉が潤うどころか口渇感を引き起こすケースもあります。
そして、アルコールは利尿作用が強いので、夏ばてを感じている時は控えた方がいいでしょう。
猛暑の時は何度も水分を摂るように気をつけ、口渇感を感じる前に水分補給をしましょう。