夏ばてと温度差

夏ばてと温度差

夏ばてに陥らないように、エアコンの温度を低くしてしまう方も少なくありませんが、この対策は誤りです。
それは、部屋を極端に冷やすと、外との温度差が顕著になってしまうためです。

 

室外と室内を行き来することが多い人は、エアコンの温度を下げすぎないように注意を払いましょう。
暑い場所に長くいると、発汗量が多くなりますよね。

 

これが現われるのは、体温が通常よりも上がらないように体が機能している証拠です。
ところが、冷房の効いている部屋に行ってきたとしても、実際に体が涼感を感じるのは、一定時間が経過したあとです。
体が違和感を覚えなくなるまでは、身体に溜まった熱を出している状態となります。

 

外と中の間に出る温度差は、出来る限り5度以内に留めたいところです。
ところが、近頃では40度を超える非常な高温に閉口する日も珍しくありません。
この状況下では冷房を30度以上の温度に設定しなければならないということになります。
それでは体が休まらないので、あまり冷えすぎていない場所にある程度待機した後に室内に移るなど、自己防衛をすることが重要です。

 

体に負担をかけないようにするには、25〜28度に設定するのが望ましいと言われています。
ただ、28度では若干暑さが気になるかもしれません。
自律神経のバランスを崩さず、夏ばてを引き起こさないためには、その設定がベストであることを理解しておくといいでしょう。
性別でも異なる部分があり、女性がより寒さに弱いです。
ですから、エアコンの温度に応じて、防寒対策を講じて、夏ばてを予防していきましょう。