夏ばてに負けない

夏ばてに負けない

一口に夏ばてといっても、人によってあらわれる症状は一緒ではありません。
異変が起きていると早期に感知できればいいですが、病態がひどくなるまで発見されないこともあるのです。
どういった特有の症状があるのか事前に把握しておき、早いタイミングで対応できるようにしておくことが大切です。

 

代表的な症状の一つが、全身に感じるだるさです。
仕事をして疲労しているのは当たり前だと、安直に思いこまないようにしたいものです。
いつもと変わらない仕事をしているだけでも、妙なだるさを感じたり、疲労が残っていたりはしないでしょうか。
体の調子に違和感を覚えたら、夏ばてかもしれない、と思ってみてください。
ちなみに、体と関わりのある症状に限らず、心に関する症状も認められます。

 

例を挙げると、普段であれば引っ掛からないようなことで、イライラを感じるのも症状に当てはまります。
以前なら腹が立たないようなことで、いらつきを覚えます。
これとは反対に、何をするにも気が入らないという症状もあるので、自分に当てはまらないかチェックしてみてください。
体調が悪いと思ったときに、真っ先に夏ばてを疑える人は少ないかもしれません。
風邪でも引いたのかもしれないと決めつけずに、セルフケアをしてみましょう。

 

ちなみに、なかにはお腹の具合が悪化する場合もあります。
便秘や下痢に悩まされるようになったときにも、夏ばて対策を始めましょう。
何も食べる気が起きないというのも、ありがちな症状の一つといえます。
食事がとれなくなると体力的にもきつくなるので、夏を迎えたらどのような対策があるのかチェックしてみてください。

夏のニキビに要注意

夏を控えてお肌のケアに余念がない女子のみなさん。ニキビ予防はどうしていますか?まだ間に合う背中ニキビのケアならケアクリームが最適です。背中ニキビを治す方法が知りたい方はこちら]